講師プロフィール

横山道子(よこやまみちこ)

新潟市生まれ。
3才からピアノを佐藤真理子氏に、4才からバレエを内堀照子氏に師事する。

2001年、りゅーとぴあ主催ミュージカル「ファデット」で初舞台。(演出:栗田芳宏、音楽:宮川彬良、作詞:岡本おさみ)2003年、りゅーとぴあ会館5周年記念ミュージカル「家なき子」にて主人公レミ役を務める。(藤木孝主演。)
その後、りゅーとぴあ能楽堂シェイクスピアシリーズに多数出演し、「マクベス」魔女役、「リア王」影法師役(白石加代子主演)、「冬物語」(初演)マミリアス・パーディタ役、「オセロー」バーバリーの悪霊役などを務める。

2008年、同シリーズ「冬物語」マミリアス・時役で、ハンガリー・ポーランド・ドイツのシェイクスピアフェスティバルを含む5ヶ国8劇場のヨーロッパ公演を果たす。この他、「血の起源」少女役(安寿ミラ主演)、「クラリモンド」堕天使役、「田園に死す」等。俳優としてだけでなく、演出助手・作曲・振付・ピアノ演奏なども務め、表現の幅を広げてきた。

2010年、歌を本格的に学ぶ為カナダのバンクーバーへ留学。Speech Level Singing最高レベルマスターインストラクターSpencer Welch氏と出会い、SLSテクニックを学ぶ。
翌年にはNYへ短期留学を果たす。海外で活躍するボイストレーナーのもとを渡り歩き研修を重ねた。(Wendy Parr氏、Rebecca Lam氏、桜田ヒロキ氏等。)
彼らのボーカル・ティーチングテクニックに感銘を受け、ボーカルインストラクターを志す。

2013年、セス・リッグス氏公認、『Speech Level Singing Level 1』インストラクターとして認定される。
より質の高いテクニックを習得するため研修を重ね、2014年、元SLSマスターインストラクター達によって構成された『Institute for Vocal Advancement (IVA)』公認インストラクターとして認定される。
2016年、IVA Instructor level 2に昇格する。

現在、自身のスタジオでレッスンを行いながら、専門学校でボーカルの授業を担当、結婚式場で歌手を務めている。また、学校・病院・施設等でボランティアコンサートや特別講演を行うなど、新潟市内を中心に精力的に活動している。

【Work Experience】

2014年
  • TeNY新潟一番サンデー「勝ち抜き歌うま選手権」審査員。
  • ミ・アモーレプロジェクト長岡人(ながおかびと)のイメージソング『故郷はひとつ』(作曲/宇崎竜童・作詞/阿木燿子)を歌う任命アーティストのボーカルトレーニングを担当。

プロフィール写真

プロフィール写真